「学校の猛暑対策について・・・」



今年2018年の夏は7月初旬から暑い日が多く、7月中旬からは全国で「猛暑日」が多発している地域もありますね。ちなみに1日の最高気温が25度以上で「夏日」・30度以上で「真夏日」35度以上で「猛暑日」と表現するようです。

気象庁でも熱中症など命に関わる危険な暑さに厳重な警戒を呼びかけていますが、そんな中「これって変じゃない?」と思われる事故がありました。

--------------------------------------------------------------------------------------------

事故が起きたのは今年の7月17日午前。とある学校の1年生計112人は午前10時ごろ、毎年恒例の虫捕りの校外学習のため、約1キロ離れた公園へ歩き出した。学校によると学校敷地内の気温は32度だった。

途中である男児A君が「疲れた」と訴え、他の児童から遅れがちになったが約20分の道のりを歩き続けた。

目的の公園は日陰が少なく、市内の気温は午前11時には33.4度まで上昇。最高35度以上が予想される「高温注意情報」が出されていることは学校も把握していた。だが「これまで校外学習で大きな問題は起きておらず、中止する判断はできなかった(校長)。」

公園で30分ほど虫捕りや遊具遊びをした後、学校に戻る途中、男児A君は再び「疲れた」と訴えた。担任の女性教諭は男児A君と手をつなぎ、午前11時半ごろ学校に戻った。

教室にエアコンはなく天井の扇風機4台を回した。学校が後に測ると室温は37度に上っていた!

教室では担任が男児A君を見守っていたが、唇がみるみる紫色になり、午前11時50分ごろ意識を失った。まもなく病院に運ばれたが、午後0時56分に死亡が確認された。

--------------------------------------------------------------------------------------------


これを読むと、たくさんの「なぜ?」が浮かんできますが、その中で特に「これって変じゃない?」と思うなぜを2つピックアップしてみました!


●なぜ?学校は体力的弱い1年生を「高温注意情報」が出されているこの猛暑日に校外学習を実施したのか?

●なぜ?学校に戻る途中、男児A君が再び「疲れた」と訴えたのに、熱中症など疑わずに保健室へ連れて行くなどの当たり前の処置が出来なかったのか?


この後、校長は「判断が甘かったと痛感している」というコメントを出していますが、甘かった!では済まされないと思います。特に酷いのは担任の女性教師の判断です!

もうこれは殺人未遂行為であり、実際に男児A君は死亡しているので、殺人罪にあたる罪だと感じます。なぜならこれは十分に常識ある大人なら未然に防げる事件だからです!


しかしこのような重大な事件が起きても、似たような事故が後を絶たずに起きている(猛暑日に運動会を実施し熱中症の生徒が続出など)のも事実で、どうして学校や教師は正しい判断が出来ないのか、、、。イヤしようとしないのか?それが不思議でしょうがない。人の命がかかっているのに判断に危機感が感じられない。

もし私が保護者なら、、、と考えてしまう学校関連の事件事故が多すぎます。